RSS

カテゴリー別アーカイブ: プッシュ通知

Windows Azure で Push通知 (PHP編)

Windows Azure の Webサイトを利用して、PHPでのPush通知も試してみました。

今回もiOS Dev Centerの登録とxcodeでデバイストークン生成は、apmemberさんの方法と同じです。

Read the rest of this entry »

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014/05/20 投稿先 プッシュ通知, Tools

 

Windows Azure で Push通知

Windows Azure で Push通知が簡単にできそうなので試してみました。
Microsoft帝国は鎖国から開国へ, なんとAzure Mobile ServicesがiOSのプッシュ通知をサポート (2012/12/06)

Windows Azure(Windowsサーバーのクラウド版)では、PHPやASP.Netが動かせるWebサイトなら、サーバー側からの送信165MB/日という制限があるものの無料で使えます(が今回は使いません)。

サーバー関連以外(iOS Dev Centerの登録とxcodeでデバイストークン生成)は、apmemberさんの方法と同じです。

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2014/05/19 投稿先 プッシュ通知, Tools

 

push通知について

push通知とは、外部のアプリケーションがiphoneに対してテキスト情報を通知するための仕組みです。

以下の参考サイトさんを見てpush通知を実装したので、備忘録

【参考サイト】

http://www.lancork.net/2013/08/how-to-ios-push-first/

http://d.hatena.ne.jp/samril/20130902/1378198909

【注意点】

1、かならず実機が必要!

せっかく作り上げてもシミュレータで実行すると

「NSCocoaErrorDomain Code=3010 “リモート通知はシミュレータではサポートされていません” 」

となってしまう。

2、プロバイダ証明書を取得する際の注意事項

Certificates,Identifiers & Profilesにて新規作成時に

「App Services」で『Push Notification』にチェックがないと実行時に以下のエラーが発生します。

「NSLocalizedDescription=Appの有効な“aps-environment”エンタイトルメント文字列が見つかりません」

3、Mac内にあるApatchを使う場合…。の失敗例。

私は邪な考えにより失敗しました。

具体的には、こんな失敗です。

作業しやすいように設定ファイルがまとめられている /private/etc 以下に 自分がアクセスできるよう権限を追加しようとしました。

  1. Finderにて/private/etcに移動し、Command + i でフォルダの情報を表示。
  2. 「共有とアクセス権」の鍵アイコンを解除し、+ ボタンを押して出てくる自分の名前を選択、
  3. 「読み/書き」を選択、歯車アイコンをクリックし「内包している項目に適用…」を指定してウィンドウを閉じる。
  4. これで/etc以下のファイルを自分だけ自由に読み書きできるはず!

この結果、

etc配下のsudoersの権限設定も変更されてしまって、

sudoコマンドが実行できなくなってしまいました。。 あまくなかった。

かなり焦りましたが、もう取り返しがつかないので

ルートユーザを有効にし、リカバリーモードからsudoersの権限設定を変更するよう試みました。

ルートユーザを有効にする方法

http://support.apple.com/kb/ht1528?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

素直にampps使った方が良いと思いました。

コチラとてもわかりやすいです。

http://fuwhat.com/blog/entry-84.html http://localhost/sample_push.php

 
コメントする

投稿者: : 2013/12/09 投稿先 プッシュ通知